So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ヤマハ HPH-100B [オーディオ]

メーカー:ヤマハ
型式:HPH-100B
コストパフォーマンス考慮した購入お勧め度:3(5点満点、1=絶対に買ってはいけない、3=そこそこ、5=絶対買い)

価格:Amazonアウトレットで税込約2,938円。
【デザイン】コンパクトでシンプル、プラスチック製ながら質感は良いです。

【高音の音質】音質は低域から高域までほぼフラットですが、ややハイ上がりで明るい感じ。高域は自然に伸びており聞きやすいです。

【低音の音質】音質は低域から高域までほぼフラットで、低域は強調されていませんが、不足も無く、音源通りという感じです。

【フィット感】もともと耳のせタイプは私個人は好きな方ではないのですが、パッドがやわらかく側圧がそれほど強くないので、長時間聴いてても疲れにくいタイプかと思います。

【外音遮断性】耳のせタイプなので、完全遮音とはいきません。少し聞こえますね、環境音が。

【音漏れ防止】耳のせタイプなので、完全遮音できませんので漏れるという前提で使った方が良いかと思います。

【携帯性】折り畳みはできませんが、耳あて部がクルクル回るので、扁平な状態にできますので、バッグの中には入れやすそうです。しかし専用の袋は付いていませんので、携帯する方は専用袋をサイズを測って購入された方がよいと思います。

【総評】数十年前ヤマハのHP-1というヘッドフォンを愛用していたものとしては、若干がっかりしています。この価格帯であればもっと大型のしっかりした密閉型を出してほしいと思います。VICTORのHA-RZ710には完全に負けています。このレベルならAmazonBasicsのHP-01_V2を購入しても音質的にはあまり変わらず。携帯性も同等で、Amazonは専用袋が付くし、良いと思います。
タグ:ヤマハ
nice!(0)  コメント(0) 

パイオニア SE-M531 [オーディオ]

メーカー:パイオニア
型式:SE-M531
コストパフォーマンス考慮した購入お勧め度:3(5点満点、1=絶対に買ってはいけない、3=そこそこ、5=絶対買い)

価格:Amazonで税込1,973円。
【デザイン】ヘッドフォンパッド外側が光沢のあるプラスチックでやや安っぽい。艶消しの方が高級感が出ると思います。

【高音の音質】ふつうですが、低音が過度にブーストされて相対的にあまり聞こえてこない。

【低音の音質】出過ぎ。

【フィット感】ふつう。側圧はあまり強くなく、長時間試聴には向きます。

【外音遮断性】けっこう聞こえません。

【音漏れ防止】あまり音漏れもしません。

【携帯性】室内限定。持ち運びはあり得ないでしょう。

【総評】低音ブーストが過度でヴォーカルがよく聴こえない。高域メインの楽器の音も良く聴こえない。BASSブースト大好きな人専用のヘッドフォンですね。
nice!(1)  コメント(0) 

オーディオテクニカ ATH-TAD400 [オーディオ]

メーカー:オーディオテクニカ
型式:ATH-TAD400
コストパフォーマンス考慮した購入お勧め度:5(5点満点、1=絶対に買ってはいけない、3=そこそこ、5=絶対買い)

価格:ヤマダ電機で税込3,480円(ポイントなし条件で値引き交渉済後価格)。
【デザイン】スピーカーユニット外側に配置された、パンチングメタルが外観で強い個性を感じる。
【高音の音質】抜けは良くクリアだが、明るめ。ややハイ上がりだが、聞き疲れないので全ての曲が明るめの雰囲気になる。
【低音の音質】フラットで曇りなく、強調もなく聞きやすい。ソースをそのままストレートに再生する感じで好感が持てる。
【フィット感】耳に装着する部分がすり鉢状になっていて、包み込まれるようで心地よい。サイドの締め付け、頭頂部の圧迫感もきつすぎず、ゆるすぎずちょうど良い。長時間聞くのには向く。
【外音遮断性】オープンエアータイプなので、それなりに聞こえるが気にならない。
【音漏れ防止】オープンエアータイプなので、外には音は漏れるがわずか。
【携帯性】考えない方が良い。
【総評】オーディオテクニカのオーバーヘッド型ヘッドフォン=シャリシャリの音という先入観を払拭させる会心作。これが廃版になるのが残念。同価格帯の同社T400もまずまずだが、透明感ではこちらの方が一枚上手。
nice!(0)  コメント(0) 

オーディオテクニカ ATH-AVC200 [オーディオ]

メーカー:オーディオテクニカ
型式:ATH-AVC200
コストパフォーマンス考慮した購入お勧め度:3(5点満点、1=絶対に買ってはいけない、3=そこそこ、5=絶対買い)

価格:ハードオフで税込1,620円(新品)。
高音:フラット。自然に伸びている感じ。ただし、ややレンジが狭い感じ。
低音:フラット
音のバランス:フラット
装着感:やや強めだが気にならない。
ATH-T300のようなキンキンする音ではなく聞きやすいが、高域が伸び切っていないため、音域のレンジはやや狭く感じる。価格からすると文句言えないレベルか。
nice!(0)  コメント(0) 

Amazon HP-01 [オーディオ]

メーカー:Amazon
型式:HP-01
コストパフォーマンス考慮した購入お勧め度:5(5点満点、1=絶対に買ってはいけない、3=そこそこ、5=絶対買い)

価格:Amazonで税込1,199円。
高音:適音量:フラット、大音量:フラットで音はクリア。
低音:小音量:ややブースト、適音量・大音量:ブースト気味。
音のバランス:音量によって変化 適音量:高音はフラット・低音がややブースト、大音量:音はクリアで、高音はフラット・低音がブースト。しかし、低音がヴォーカルにかぶることは無い。
装着感:やや強めだが気にならない。
耳をカバーするタイプではなく、耳乗せタイプだが、締め付け力は適度で耳たぶがつぶれることはありません。やや低音強調タイプですが音全体はクリアでヴォーカル、楽器とも明瞭。低音が強調されてもヴォーカルがかぶって不明瞭になることもなく、聞きやすい。唯一の欠点はコードが両出しで二股に分かれているコード部分が短く、コードがあごに引っ掛かります。どうしてもこれがいやな人は改良版のコード片出しタイプのHP-01V2(税込1,380円)をお勧めします。間違いなくハイCPですね。
タグ:Amazon HP-01 Basics
nice!(0)  コメント(0) 

PANASONIC HT-260 [オーディオ]

メーカー:PANASONIC
型式:HT-260
コストパフォーマンス考慮した購入お勧め度:3(5点満点、1=絶対に買ってはいけない、3=そこそこ、5=絶対買い)

価格:ジョーシン実店舗で税込1,377円。
高音:音量によって変化 小音量:やや不足、適音量:フラット、大音量:歪み大。音割れで聴けない。
低音:音量によって変化 小音量:フラット、適音量:やや出過ぎ、大音量:歪み大。音割れで聴けない。
音のバランス:音量によって変化 小音量:低音量・高音やや不足、適音量:高音はフラット・低音がやや出過ぎ、大音量:歪み大。音割れで聴けない。
装着感:強すぎず、弱すぎずちょうど良い
価格コムサイトで評価が真っ二つに分かれている製品なので興味があり、ジョーシンで1377円(税込)で購入しました。適音量で聴くなら、SONY MDR XD-150に匹敵するハイCPですが、大音量になると音割れひどく、使い物になりません。小音量で聴く人には、やや高域が物足りないかもしれません。ボリュームを上げると、中高域が持ち上がり、ハッキリした音像になります。しかし、限界を超えると歪みます。大音量で音楽を聴く方には不向きです。うまく使えばハイCPですね。
タグ:Panasonic HT-260
nice!(0)  コメント(0) 

DENON AH-D310 [オーディオ]

メーカー:DENON(デノン)
型式:AH-D310
コストパフォーマンス考慮した購入お勧め度:3(5点満点、1=絶対に買ってはいけない、3=そこそこ、5=絶対買い)

価格:ビックカメラ通販で税込2,840円。
高音:フラットによく伸びている。
低音:フラットでクリア。曇りなし。ボリューム感はあるが、決して強調されていない。
音のバランス:全体にフラットで好感が持てる。
装着感:圧迫感が強く、良くない。耳たぶが圧迫され、長時間は不快。この理由は、どうも構造にあるようです。ビクターのHA-RZ510、SONYのMDR-XD100、AKGのK77 PERSEPTIONともヘッドバンド部が2つに別れ頭頂部をワイドに支え、ヘッドフォンのずれを防いでいます。他方、AH-D310のヘッドバンドは細いベルト状なので、おそらくこの形状で頭頂部を支えてもすぐずれてしまうため、側圧を強くし、ずれを防いでいるようです。しかし、耳たぶが痛いです。
透明感:あり。非常にクリア。高域の伸びがSONY XD150やVICTOR RX500より高い音域まで突き抜けている感じ。ヴォーカルもはっきり定位し、存在感があります。楽器の分離も良く、解像度が高い。
全体の印象:装着感以外は大満足です。これがもう少し、パッドが大きく耳を覆うタイプだったら・・・。音のバランスはとにかくフラットで聴きやすい。
nice!(0)  コメント(0) 

VICTOR HA-RZ310 [オーディオ]

メーカー:VICTOR
型式:HA-RZ310
コストパフォーマンス考慮した購入お勧め度:1(5点満点、1=絶対に買ってはいけない、3=そこそこ、5=絶対買い)

価格:ジョーシンで税込1,460円。
高音:普通
低音:出すぎ
音のバランス:低音が強調されすぎ。
装着感:ふつう。SONYのXD150と同程度。HA-RZ510より劣る。RZ510は頭頂部に当たる位置に小さなクッションが配置されている。
透明感:なし(霧がかった、曇った音)、いわゆる低音が出すぎてヴォーカルの音がこもる、かぶり現象が出てます。
全体の印象:VICTOR オーバヘッド型ヘッドフォン HA-RZ310をCDプレーヤーC-7030のヘッドフォン端子で聴いてみました。VICTOR オーバヘッド型HP-X500、HA-RZ510、SONYの同型XD100、XD150とフラットなヘッドフォンを追い求めていた私は、HA-RZ510の弟分HA-RZ310に興味がありました。Amazonの評価は散々で特に「高音がない」との指摘が多かったのですが、どうしても確かめたくて買ってしまいました。
第一印象は高音がないのではなく、低音が強調されすぎている感じでした。フラットな特性をラウドネスで100HZ近傍をぐっと持ち上げた感じです。途中でRX500に切り替えたらやはりはっきりしました。
評価基準はRX500です。
タグ:Victor HA-RZ310
nice!(0)  コメント(0) 

オーディオテクニカ ATH-T300 [オーディオ]

メーカー:オーディオテクニカ
型式:ATH-T300
コストパフォーマンス考慮した購入お勧め度:2(5点満点、1=絶対に買ってはいけない、3=そこそこ、5=絶対買い)

価格:ヤマダ電機WEBでアウトレット価格1,351円。
高音:出過ぎ。トーンコントロールのTreble(10KHZ)を使って強調したような音。
低音:フラットかやや出ていない。
音のバランス:高音が強調されすぎ。
装着感:ふつう
透明感:透明感はT400と比較すると高音が強調されすぎてバランスが悪い。
全体の印象:出ましたこれこそ私のオーディオテクニカ ヘッドフォンのイメージ!音が「シャリシャリ」してます。高音が強調されすぎ。ヴォーカルの「サシスセソ」音が歪まないが、強調されて耳につく感じ。高音がきつくて長時間は聴いてられない。
これが3000円もしたら買いません。迷わず、SONYのXD150を買います。
T400とT300は全く別物。もしどちらかを購入したくて迷われている方は、迷わずT400をお勧めします。低音強調されてますけどね。
nice!(0)  コメント(0) 

オーディオテクニカ ATH-T400 [オーディオ]

メーカー:オーディオテクニカ
型式:ATH-T400
コストパフォーマンス考慮した購入お勧め度:4(5点満点、1=絶対に買ってはいけない、3=そこそこ、5=絶対買い)

価格:ヤマダ電機WEBでアウトレット価格 2,374円。
高音:必要十分 フラットに近い。「サシスセソ」の音が歪まない。
低音:100HZ付近をBASSで強調したように聞こえます。
音のバランス:フラットな特性のSONY XD-100に比較し、口径が53mmと大きいドライバー(XD-100は40mm)のせいか、低音が強調されています。
装着感:やわらかくて良い。
透明感:低音が強調されている割に、ヴォーカルは影響をうけずかぶり現象は起きていない。クリアではないがまあまあ許容範囲。しかし、低音が強調されている分、ヴォーカルが引っ込んで聞こえます。
全体の印象:これが今回購入できた価格なら十分ですが、実売4000~5000円では高いと思います。低音強調大好きな人には良いかもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。